edって何?日本のed人口は?

どうも、きくです。

 

 

この記事ではedについての基本知識を知って欲しいと思います。

 

 

なぜなら変なイメージを持ったままだと、

edを改善する上で間違ったことをしてしまう可能性があるからです。

 

 

それではedの基本から説明します。

 

 

ed(勃起不全)とは、英語でErectile Dysfunctionの略です。

 

 

edを簡単に言うと、満足のいく勃起ができない状態のことです。

 

 

性的な刺激が神経を通じてうまく伝わらなかったり、

おちんちんに血が十分に流れ込まなくなった状態です。

 

 

edというと全く勃たないイメージが多いですね。

 

 

最初、僕も全く勃たないイメージを持っていて、自分がedだと全然気づかなかったタイプです。

 

 

edの症状

 

edの症状はこんな感じです。

 

 

・勃起しても十分に硬くならない

 

 

・勃起しても長い時間持たない

 

 

・勃起する時もあればしない時もある

 

 

・挿入しても途中で柔らかくなり抜けてしまう(中折れ)

 

 

・興奮しているのに勃起しない

 

 

この症状を見たら、edは身近なものと言えるのではないでしょうか?

 

 

これを見て、あなたはedのイメージがかなり変わったんじゃないですか?

 

 

もし症状に当てはまる場合は気をつける必要があります。

 

 

なぜなら気づかない内にedが悪化し、病院やクリニックのお世話になるかもしれないからです。

 

 

僕は勃起しても持続できなかったり、十分な硬さが得られない状態でした。

 

 

オナニーでも2回勃起して持続するのは苦戦してましたね。

 

 

セックスだと持続力が必要なので、持続できないのは致命的になっていました。

 

 

日本のed人口

1998年の調査では、日本のed人口は1130万人とされています。

 

 

しかもこの調査には軽度のedは含まれていないんです。

 

 

軽度のedだと、自分で気づかなかったり、

年のせいで仕方ないと思ったり放置することがあるので油断できません。

 

 

世界的に見ても日本は異常にed発症率が高く、2020年には高齢化や経済的な問題もあり、

edを経験する男性は推定で1800万人にもなるといわれています。

 

 

(これは少子化も加速するよなぁ(。 ・ω・))フムフム)

 

 

さらにこういったこともあり、日本はセックスレス大国になっています。

 

 

初めてedの人数を知ったとき、あまりの多さに驚きました。

 

 

かなり多いと思いませんか?

 

 

でも色々と調べていくうちに、僕はまだかなりの人がいると考えています。

 

 

なぜなら誰かに相談しづらかったり、病院にいくのもちょっと…と考えている人が多いからです。

 

 

男性であれば誰がなってもおかしくない病気なんですが、

変なイメージがあって行動しづらい場合がありますから。

 

 

edは年を取ってからなってしまうイメージがありますが、

実際は若い世代の20代、働きざかりの30代で症状が表れる方も珍しくありません。

 

 

僕も若いからedになるわけないwって思ってました。

 

 

そして人に話しにくい問題だけに、自分だけがedであるかのように感じている方も多いのではないでしょうか。

 

 

なぜedになってしまうのか?

 

 

edの原因を次の記事で解説します。

 

きく

 

なぜedになるのか?ぼっきの仕組みとedの原因

2020.11.25

記事一覧

TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。