勃起力を上げる食べ物は何がある?重要な成分と食材を紹介します!

どうも、きくです。

 

 

今回は勃起力を上げる食べ物について紹介します。

 

 

まず勃起力を上げる食べ物は、精力がつく食べ物のことです。

 

 

また勃起力を上げる食べ物は、精をつけるだけに限らず、

他にもたくさんのメリットがあるのです。

 

 

では、成分ごとに食材を見ていきましょう。

 

 

亜鉛

 

亜鉛は、性ホルモンで話題になるほど有名です。

 

男性ホルモンの中でも、亜鉛はテストステロンをアップさせるための

必要不可欠な栄養であり、性欲と精力エネルギーを良くするのに効果的であると期待されています。

 

牡蠣

牡蠣は、特に亜鉛を多く含む代表的な食べ物です。

 

 

亜鉛は性ホルモンとかなり関わっているため、一般に生殖ミネラルと言われています。

 

 

それはテストステロンを強くして性欲を増やし、何と言っても勃起力を改善することが期待できる豊富な栄養です。

 

 

牡蠣だけではなく、亜鉛は魚介類、肉類、藻類、野菜類に含まれています。

 

 

牡蠣が苦手な人は別の食べ物で亜鉛を補うといいでしょう。

 

 

アルギニン

 

アルギニンはアミノ酸の一種です。

 

 

テストステロンや成長ホルモンを作るのに欠かすことができない栄養素です。

 

 

アミノ酸は身体の中でタンパク質として合成されるため、酵素やホルモンの分泌に大きく関係しています。

 

 

アルギニンは僕が個人的に1番オススメしてる成分です。

 

 

ナッツ

ナッツはアルギニンをたくさん含んでいます。

 

 

アルギニンは、性ホルモンの分泌に大きな効果が見られると言われている豊富な栄養素です。

 

 

アルギニンは、ウナギやニンニクといった強壮効果が期待できる食べ物にもたっぷり含まれています。

 

 

シトルリン

 

シトルリンもアミノ酸の一種で、スイカの種にいっぱい含まれている栄養素です。

 

 

その効果は血管の拡張して、血のめぐりを円滑にします。

 

スイカ

シトルリンはスイカの種にいっぱい含まれていますが、スイカの皮にもたくさん含まれています。

 

 

シトルリンは、運動による疲労物質であるアンモニアを分解して排泄する作用もあります。

 

 

アリシン

 

アリシンはニンニクに由来する化合物ですが、天然のニンニク自体には含まれていません。

 

 

にんにくを切ることで組織が破壊されると、にんにくの酵素の作用でアリシンが作られます。

 

 

動脈硬化に対抗する働きや、脂肪を縮小させる作用、抗酸化作用もあります。

 

 

これらの効果から、生活習慣病の予防に効果的です。

 

 

ニンニク

ニンニクにはアリシンを生成する酵素があります。

 

切り刻むことでアリシンが作られ、生活習慣病の予防につながります。

 

 

また、抗酸化作用によりテストステロンを強化し、勃起力の回復につながることが期待されています。

 

にんにくは、精力を高める食べ物として最初にイメージする典型的な食べ物です。

 

 

スタミナメニューなどによく使われ、精のつく食べ物の代表的な存在とされています。

 

 

ネギ類

アリシンはにんにくだけでなく、タマネギやネギなどほとんどのネギ類に豊富に含まれています。

 

そういう理由で、タマネギは勃起に効果があるとして広く紹介されています。

 

 

まとめ

忙しい場合は、サプリメントを使うのをお勧めします。

 

勃起力を改善するためには、できれば上の条件を満たす食べ物を積極的に食べることが大事です。

 

毎日少しづつでも摂取することで体の内側から変わっていきます。

 

 

しかし、現代人がすべてをバランスよくとることは難しいでしょう。

 

だからこそ気軽に摂取できるサプリが効果的なのです。

 

 

いくつかのサプリは勃起の改善に特化していますが、残念ながら勃起を改善すると主張していても全く効果がないものもあります。

 

サプリメントを購入するときは、栄養素を確認し、必要な栄養素が含まれていることを見てみましょう。

 

よければ参考までに。

 

きく

 

記事一覧

 

TOP